睡眠薬アモバンと抗うつ剤デパスの効果

荒れ果てた学校

不眠症の方または不眠症かもと考えている人は、日頃から不眠症の対策をしていますか?
不眠症は、自律神経のバランスが、おかしくなってしまい、交感神経が異常に緊張してしまい、脳が興奮しすぎてしまっているので不眠症になってしまいます。
神経が興奮しているままでは、不眠症が改善され完治することはありません。
最初に病院にいかなくても、自宅で簡単に自分で出来る不眠症の改善方法をご紹介していきたいと思います。
改善方法をあげすぎても何がいいのかわからなくなってしまうと思うので、一部を除いて重要なものに絞って紹介させていただきます。
1つ目はストレスをためず、発散するこをおすすめします。
社会にでれば人との関係も当然増えてきます。
人付き合いが増えるにつれ、ストレスも増えてきたり、当然に悩みも増えはじめます。
考えすぎると、脳が興奮してしまい寝れない原因になります。
なので、遊びにいったり、適度に運動などしてストレス発散・解消をしたほうがいいです。
2つ目は、アルコール類、コーヒーなどのカフェインの摂取を控えてください。
やめるだけで身体が楽になり、非常に寝付きが非常によくなります。
最後は当たり前の事ですが、寝る準備を早めにはじめ、就寝時間をコントロールしてください。
部屋を暗くし、テレビを消したり、脳を起してしまうことは寝る2~3時間前にはやめてください。
早めにベッドに入る事によって身体も温まり、寝付きが変わります。
次に薬で改善していく方法を紹介します。
デパスという薬になります。
この薬は以前は抗うつ剤として使われていて、現在では不眠症にも効果が発揮されるということで、不眠症治療に転用されました。
抗うつ剤としてしようされていたので、気持ちを落ち着かせる効果があり、寝なきゃいけないなど不安を和らげてくれて、緊張がほぐされます。
弱点があり、デパスは長期連用すると効果がなくなってきてしまいます。
なので、短期間での使用をおススメです。
大体、期間は2週間~1ヶ月ほどになります。
期間を超えると、薬ですので依存性があります。
依存してしまうと、無理にやめると、離脱症状を起したりして、症状が悪化してしまいます。
なので、期間を定めて服用方法を守って正しく使うことをおすすめします。
また、初期症状等でめまいや痙攣や脱力感がでる場合があり、危険ですので、服用後に車の運転や危険な作業は控えてください。
思わぬ事故の原因につながります。